HP制作に対する考え方

ホームページ制作に対する考え方

ホームページとは、広告手段の一つではありますが、私は24時間働いてくれる「営業マン」だ と考えています。もちろん、最後は人間にお任せしないとお取引は成立しませんが、その前段まで、最大限活用して頂けるようにCroitreはサポートいたします。
例えば、御社の営業マンが、顧客に必ず伝えていること、御社のアピールポイントは、ホームページで常に見ていただけるようにしておくことがキホン。「商品の良さ」はもちろん、「社員の生き生きとした顔、声」「会社の誠実な姿勢」などが、伝わるホームページは人を惹き付けます。

ホームページは、制作した時点では完成にはなりません。オープン時がスタートであり、その後の運用方法がとても重要となります。まずはホームページの反響を調べて、良いところはのばし、結果がでない点は修正していくことで、育てていくものとお考えください。
通常は定期的に分析レポートを提出させて頂きますが、ホームページの活躍の裏側(どこのエリアから のお客様が多いのか?、どんなキーワードで調べてHPにきたのか)を等を知ることは、とても重要であり、データも他では知りえない貴重なものと考えております。

ホームページ制作におけるSEO対策について

特に全ての人が持っていなければいけない知識は、やはり検索エンジン対策(SEO対策)の知識ですね。
SEO対策は昨今「悪」のように表現されることもありますが、やはり意識せずに作るのはNG。見た目はとても素敵に出来上がっても、誰にも見てもらえなければ、やはり意味がないのです。せっかく依頼していただいたお客様の希望に沿ったゴールを目指して作るべきなのです。

そのためには、ヒアリングでしっかりお客様のご要望を汲み取ること。それが、実際に集客に結びつくか判断できる知識をもつことがまず大事。
そして、デザイン段階では、見た目だけでなく、目的達成を意識したレイアウトをし、コーディング担当は、検索エンジンに正しく伝えるソースを書けているか常に意識すること。各担当が、最大限の配慮をすることで、ようやく出来上がっていくものなのです。

私は、これらを基本的には1~2人で作業しますので、全工程常に同じゴールを意識しながら作ることができ、効率よく最短の時間で制作することが可能です。

担当者が増えれば増える程、相互理解が難しくなり、時間もかかることで、コストも大幅に上がります。もちろん、会社にも利益をださなければなりませんから、さらに高額になってしまうでしょう。

SOHO制作者は、仕事のレベルが低いから安いのではなく、人件費が一人分で済み、一人でやることにより効率が高い仕事ができることによって、コストの圧縮が可能になるために、比較的割安に制作することが可能です。